家族の引越しについて。

今まで10回近い引越しをしてきましたが、独身の時の引越しは荷物が少ないので、友人を頼むと何とか引越しもスムーズにいきますが、家族の引越しとなると、荷物も多いし、幼ない子供達の世話をしながら、家事をしながら引越しの準備をすないといけないので、大変疲れました。小さい子供達が眠った夜に、衣類をダンボールに詰めたり、食器類をダンボールに詰めたりかなり時間もかかるし、疲労がたまりました。

普段使わないもの、時季的に今使わないものなどからはじめ、部屋の奥の方に収納してあるものから順に梱包していき、新居の部屋に番号を割り振っておき、その番号を箱に書いておけば、引っ越し先での搬入や荷解きの時に混乱せずにすみました。

その際、各自それぞれの品物だけをまとめて梱包し、箱にも名前を書いておくと便利でした。慌てて手当たり次第に同じ箱に詰め込み、新居に着いてから自分の物をどこに入れたか分からなくなるという失敗もしたことあるので、箱には必ず名前を書いておいた方が良いです。
参考 引越し安いnet

費用を安く抑えたかったので、できる限り自分でやってしまった方が良いと思ってやってましたが、さすがに家族の引越しは心身疲れるものです。引越しセンターも色々ありますが、まるごとお任せプランもあり、引越し前日に2~3名の引越し業者のスタッフが家に来て、荷造りをしてくれ、事前にダンボールやガムテープを届けてくれ、引越し当日、スタッフが来て荷物の搬出を行い、新しい引越し先に傷がつかないようにドアや床などを保護してくれます。荷物を搬入する、指定を頂いた場合に、荷物や家具をセってイングして、引越し業者のスタッフが2~3名荷解きしてくれ、後日ダンボールなどの資材回収にきてくれるプランもあります。これから家族の引越しの時は、この家族引越しプランで引越ししようと思ってます。

 

166815

マイホームで不要なオプションは後悔のもと

マイホームは人生の中でも1位2位を争うほど高額な買い物だと思います。
普段見慣れない数千万、数百万という数字ですが、家を建てる際の打ち合わせでは当たり前に出てくる数字です。
これが感覚を狂わせますね。
数万なら高くないじゃんと思えてきてしまうのです。
結果、我が家ではそれ必要だったかな?というオプションをかなり付けてしまいました。
1番失敗したなと思っているオプションはお風呂のジェットバスです。
ハウスメーカーの建てた家に1泊して快適さを体感できるという宿泊体験をした際にジェットバスが付いていたのです。
肩や背中がこりやすいので本当に気持ち良くて、それが忘れられずつい付けてしまいました。
15万~20万ほどだったと思いますが、今思えば凄く高いです。
でも打ち合わせの時は数百万という数字を見慣れすぎてしまって、このくらいならと思ってしまうのですよね。
逆に付けておけば良かったと思うオプションもあります。
我が家ではLANポートは1階に1つ、2階に1つだけであとは無線LANで大丈夫と思っていたのですが、やはり有線が良かったなという場面が多くあります。
せっかく注文住宅で家を建てたのに、LANケーブルを壁に這わすのも見映え悪いしなって悩んでしまいます。
勢いでいらないオプションを付けてしまうと勿体ないですが、かといって渋りすぎると後で付けるほうが割高になってしまうということもあります。
その辺りの見極めが難しいなと感じました。

>>家を建てる1000万円 というサイトはわかりやすくておすすめです。